ストーブリの産業資材布用ソリューション
パワフルな産業資材布用織機

産業資材用途への独自機構
産業資材用途への需要の高まりに対応すべく、ストーブリはモジュール設計による織布システムを考案しました。このシステムにより、卓越した柔軟性と個別のシステム設定が可能になり、工場は織物ごとの特殊なニーズに応じて織布システムを最適化することができるようになります。つまり、このシステムによって製織の可能性が無限に広がるのです。
フラットヤーンやスペーサーファブリック、また複雑な多層織物も可能です。ストーブリ開口装置とダブルレピア緯入れや、スレイモーションと併せて使用することで、高密度織物の大量生産や様々なテクニカルヤーンや繊細な糸処理にも対応できるようになります。

炭素繊維産業資材布
炭素繊維にわずかな傷がついても完成した織物品質が下がるため、製織工程では丁寧な糸の取扱いが不可欠です。フリー・ムービング・レピアと呼ばれるTF-20システムを採用したストーブリシステムがこれを実現します。モジュール設計によりユーザーのニーズに応じた個別の設定が可能です。この織布システムにストーブリ製ドビーまたはジャカードを搭載し、最適な開口形成を行います。

産業資材重布
マルチレイヤーやフィルター素材布などを含む産業資材重布は、高密度で製織されることが多く、緯入れには特殊な技術を必要とします。ストーブリのTF60シリーズのレピアシステムならば、柔軟なダブルレピアと堅牢な構造によりそのようなニーズを実現します。高品質と高い生産性を実現します。

製織による人工芝
人工芝のような表面カバー製品の製造方法は多々ありますが、その中でも製織は最適な方法として実証されています。製織による人工芝であればパイルを垂直方向に固定することができ、最適な透水性も実現できます。織幅3m~5.3mに対応できる織布システムALPHA 500 LEANTECならば、その完成された技術により、最高品質の人工芝マットの生産が可能です。

ファイルダウンロード(PDF)

詳しい情報は

TF20により製織されたカーボンファイバー素材
ストーブリTF20